エバンス日記

セブンイレブンの冷凍焼き鳥おいしい('ω')

これであなたもNHKプロフェッショナル通になれる!個人的厳選放送3選

 プロフェッショナルというNHKの番組をご存知でしょうか。特定の分野のプロフェッショナルに取材をして、仕事っぷりや歩んできた人生を紹介する番組です。私は約4年前からHDDレコーダーで毎週プロフェッショナルを録画しており、面白かった放送だけ消去せずに残しております。そのような行動を約四年間続けていると3つのエピソードが残ったので、今回はそれらのエピソードを面白かったランキング順で紹介します。ちなみに各放送回はNHKのオンデマンドで今でも視聴可能です(有料ですが)。

 

第3位

2016年11月14日放送

発明家 道脇裕

www.nhk.or.jp

 

 緩まないネジの発明家の道脇さん。右回りのナットも左回りのナットも両方入るというアクロバティックなネジを開発しておられます。文章だけだと意味が分からないかもしれませんが、映像で見ると分かりやすいので一見の価値有りです。道脇さんの人生も独特で小学六年生からまともに学校に通わずに独学だけで生きてきたようです。博士後期課程まで学校に律儀に通った私とは正反対の人生なので興味深かったです。

 放送ではいろいろな難題に直面しながらも、死ぬほど色々考えて困難をクリアしていく姿勢に憧れを抱かせていただきました。私は平均的な日本人よりは頭を使って生きていると自負していましたが、どう考えても道脇さんのレベルには到達していないと思いました。サラリーマンという立場に甘えずに道脇さんのように超考える人になりたいです。

 

第2位

2014年11月24日放送

バスケットボール部監督 井上眞一

www.nhk-ondemand.jp

 

 女子バスケットボール部の名監督の井上さん。指導したチームはどこでも全国トップレベルの実績を残しています。私はこのようなぶっちぎりの名指導者が世の中に存在していることを知りませんでした。中学や高校で実績のある運動部はどこも筋肉ゴリラを集めただけの私立学校だと思っていたからです。

 井上さんの指導方針は徹底した基礎の反復練習のようです。時には怒って指導していますが、指導を受ける女子高生は全く怖がっていませんでした。その理由は、部活動以外でのコミュニケーションのとり方がうまく、信頼関係を築けているからでした。信頼関係が築けていると、激しく怒っても生徒は前向きに受け止めてくれるようです。この放送を見ていて思ったことは、私がいつも仕事で色々な方をブチ○したいと思っているのは信頼関係が築けていないからなのだと理解できました。それ以来、会社の後輩とはあえて仕事とは関係のない話でコミュニケーションを取るようになりました。仮に将来出世しても部下が付いて来てくれなかったら仕事にならないので、立場の弱い若手ほど今から信頼を深める必要性があることに気が付きました。

 

第1位

2015年1月19日放送

かけつぎ職人・松本孝夫

www.nhk.or.jp

 

 やぶれた服を新品の様に修理するかけつぎ職人の松本さん。実を言うと私はこの放送を見るまでは、かけつぎという仕事の存在を知りませんでした。放送内容にも期待しておらず、内容を見ずにHDDレコーダーから消そうかと考えていたくらいでした。しかし、「まあちょっとだけ見てみるか」と思って見てみると開始早々から終了まで興味津々で見ることができました。

 かけつぎという仕事は一見すると時代遅れのように受け取られます。現代の服は大量生産され、昔に比べると使い捨て同然の時代です。しかも、ポリエステルなどの合成繊維は破れにくく、フリースや革製品はかけつぎで修理できません。ところが、松本さんはフリースや革製品をかけつぎで修理する技法を開発し、現代の服にも努力で対応しました。大切な人から貰った服は修理してでも大事に使いたいと思っている人はいるようで、松本さんのお店は繁盛していました。

 そして何と言っても一位に選んだ理由は番組後半の感動的なエピソードでした。依頼者(初老の女性)の母の形見のセーターを松本さんが上手に修理する内容でした。その依頼者は半身麻痺を患っており、セーターの片腕だけ摩耗が激しい状態でした。松本さんは、依頼者がハンディキャップを背負っていることをセーターを見ただけで推察し、思いやりを込めながら修理していました。修理を終えたセーターを受け取った依頼者は感動して泣いていました。人に感動を与える仕事ができる人は本当に凄いと思います。ちなみに私は毎日クソみたいな仕事を劣悪環境下で行っており、頑張っても誰にも感謝されません。感謝されないどころか、「そんなに早く出来るならもっと納期縮めていいよな!早く終わったんなら先輩の仕事でも手伝ってろ!」などと素敵な呪文を唱えていただいております。

 

おしまい。

 

追伸

プロフェッショナルの4年以上前の放送で好きなのは、堀川高校校長、将棋の羽生さん、東工大の細野教授の放送回が好きです。